とよなか暮らしをもっと楽しみたい30~40歳代女性のための情報交流型ポータルサイト

こんなのみつけた。 とよなかカラフル
黄、キラキラ。 青、すらり。 紫、うっとり。 桃、きゅん。 緑、イキイキ。 赤、ドキドキ! 茶、ほっこり。 橙、ちゃきちゃき! 虹色、ぜんぶ!

おかまち整骨院【整骨院】

体の痛みの原因を生活習慣から見直す
正しい姿勢で心と体が元気になる整骨院

 岡町商店街から入ってすぐ。2012年9月に「岡町鍼灸整骨院」から「おかまち整骨院」へとリニューアルした。体質改善ストレッチや骨盤矯正プログラムを治療の中心に据えている。イメージカラーはオレンジで、院内も清潔感のある明るい雰囲気。診療を始めて18年の実績を持つ院長の高野真光さんは、学生時代に柔道や空手などあらゆるスポーツを経験したことでストレッチに着目。硬くなった筋肉や関節をやわらかくして正しい姿勢を取り戻し、体質改善を促すストレッチを積極的に治療に取り入れている。初回は時間をかけた問診で原因究明を行い、日常生活の中に潜む生活習慣や食生活の間違いを正していく。
 骨盤矯正プログラムは1回10分1500円。痛くない矯正で、一時的に体の痛みを取り除くだけでなく、ゆがみが元に戻らないように、足を組んだり横座りをしたりといった日常生活の動作や癖についてもアドバイスをもらえる。5回ほど通うと体のゆがみがなくなり、正しい姿勢を維持することで肩こりや腰痛、冷え性などの症状も改善されるそう。保険診療もあり、相談内容により手技治療・特殊電気治療を使い分けながら、徹底的に痛みを取り除いてくれる。

院長の高野真光さん。

とよふるポイント

「人の症状を診るのではなく、人生を見なさい」と恩師に言われたことがきっかけで、施術だけでなく、話を聞くことを重視するようになったとか。仕事、家事、育児と毎日忙しく、疲れを溜め込みがちな“とよフル世代”のみなさん、痛みや冷え性の改善や健康について、生活習慣から相談してみては?

住所
豊中市岡町8-22 原田ビル1階
電話
06-6845-6111
診療時間
月~金曜 8:30~12:30、15:00~19:30、土曜 8:30~12:30
休診日
日曜、祝日
URL
http://okamachi-seikotu.com/

エスニック家庭料理カフェ CASA【エスニックカフェ】

商店街で気軽に食べられる
エスニック家庭料理

 おかまちコミュニティカフェkittoで、火曜、土曜限定でオープンするエスニックカフェ。日本で生活するタイ、フィリピン、台湾、中国雲南省出身、“とよフル世代”の4人の女性達が、日替わりで調理を担当している。
 メニューは『CASA』を運営する日本人の学生達と話し合って決めているという。調理を担当する4人の女性は日本での暮らしも長く、日本人に好まれる味覚をよく知っているというだけあって、どれも食べやすい味付け。エスニック料理特有の香草や香辛料が苦手な人もぜひ一度食べてみてほしい。桜塚商店街のショッピングセンター2階という身近な場所でエスニック料理が食べられると、商店街で働く人や、市役所の職員、買い物帰りの主婦などの人気を集めている。
 イチオシは『ランチセット』(750円/サラダ、スープ付)。その日調理を担当する女性の母国料理が食べられる。当日facebookにアップされる日替わりメニュー写真は、見ているだけで食欲をそそる。
 火、木、土曜はお昼のお弁当を販売(500円)。メニューは週替わりでボリューム満点。岡町周辺なら配達もしてくれる。電話予約なしで店頭受け取りも可。商店街で買い物を済ませた後、気軽にエスニックなランチを楽しみたい。
 夕方からは、貸切りパーティーも可能。希望の予算でコースメニューを出してくれる(例えば、2500円コースだと、前菜3種、サラダ、メイン2種、ごはんor麺、+1500円で飲み放題)。第1・3土曜日は夜の営業も。

(上)ボリューム満点のお弁当の一例。
(下)日本で暮らすアジア人女性の就労支援をしている関西学院大学出身のグループ『CASA』が運営している。代表の村西優季さんは豊中在住。

取材日のランチセット『中国雲南省のあったか米麺』。

(上)貸切りパーティーのコースメニューの一例。
(下)レギュラーメニューの『台湾の肉煮込みルーローフィンセット』(850円/サラダ、スープ付)。

とよふるポイント

取材日のランチセットのメインディッシュは中国雲南省の『あったか米麺』。お米やネギなど食材は日本でも馴染みのものだけど、スパイスを使った味付けで食材の印象がガラリと変わるというのを発見。気になるメニューは、作り方を調理担当の女性に聞いてみては。スパイスが手に入るお店や、日本で手に入らない食材は代用品についても教えてくれる。

住所
豊中市中桜塚2-27-8 桜塚ショッピングセンター2階 おかまちコミュニティカフェkitto内
電話
06-6841-5120
営業時間
カフェ営業 /火曜、土曜11:00~17:00 (ランチ11:30~15:00まで)
お弁当販売/火曜、木曜、土曜 配達受付は当日10:30まで(配達ご希望時間は受付の際にお知らせください。)店頭受取は13:30まで。
夜CASA/第1・第3土曜18:00~21:00
定休日
上記営業時間外
備考
貸切パーティの日程、予算等詳細はお問合せください。
URL
http://www.facebook.com/ethnic.cafe.Casa
http://www.hnpo.comsapo.net/portal/casa/portal.index

MELK café メルク カフェ【パン・カフェ】

毎日食べるパンだからこそ、
おいしいものをいろんな楽しみ方で。
北摂の草分け的パン屋「メルク」の直営カフェ

 北摂のパン好きには外せないお店、それが桜塚の『ブーランジェリーメルク』。そこからほど近くにあるのが、『メルクカフェ』。店内はかぐわしい香りの焼きたてパンを並べた販売スペースと、オレンジ色を基調にした、明るく落ち着いたイートインのスペース。すべてのパンを店内で食べられるよう、要望があれば切ったり温めたりしてくれる。カフェメニューは一番人気のメルクトーストを使ったモーニング(コーヒー・サラダ・ゆで卵がついて500円。付け合せパンのお替り自由!)や、フランスの田舎パン、パン・ド・カンパーニュにさまざまな料理を乗せたタルティーヌのランチセット(1000円)がある。素朴だけれど深みのある味わいで、料理との相性は抜群。
 「フランスには『パンは料理のお皿である』という言葉があるんですよ」と語るオーナーの古山雄嗣(こやまゆうじ)さん。『ブーランジェリーメルク』はハード系の食事パンに定評があり、中でもパン・ド・カンパーニュでは北摂の先駆者。料理に合うパンを広めたいと、カフェをオープンした。
 毎回テーマを決めてパン食文化を紹介する『パン賛会』や、パン教室など、定期的にイベントも開催。さまざまな食べ方を提案している。また、『パンの診察室』では、プロ・アマ問わず作ったパンを持参すれば、アドバイスしてくれる。おいしくパンを食べてほしいという情熱が、細部まで行き渡った空間で、気軽にいろんな食べ方を楽しんで。

古山さんは理系の研究者出身。「理屈がわかっているからこそ、人に教えられる」と言う通り、30年近い調理師学校での指導をはじめ、何人もの職人を育ててきた。

「パンは料理のお皿」を体現するタルティーヌセット。スライスしたカンパーニュに乗せる料理は4種類から2品選べる。

カンパーニュ(1000円、1/2は500円、1/4は250円)はスライスして煮込み料理に添えたり生ハムやチーズを乗せたり。

とよふるポイント

『メルクの日替わりサービス』では、曜日によって人気のトーストやフランスパンが15%ほど安い。また17:00~19:00に出る『バラエティセット』(1袋500円)は800円相当のいろんなパンが詰め合わせになってお得!仕事帰りに立ち寄って、翌日の朝食に。おいしくて安全なパンを、毎日の食事に取り入れたい。

住所
豊中市中桜塚4-8-13 ミレ桜塚
電話
06-6843-0503
営業時間
9:00~19:00(土曜、祝日は8:00~19:00)
定休日
日曜
備考
テーブル25席、P3台、テラスのみペット・喫煙可、ベビーチェア、アレルギー対応
URL
http://cafe.boulangerie-melk.com/

銀座食堂【洋食・バル】

ふわふわ手ごねハンバーグが大人気!
全員女性スタッフのアットホームな洋食屋さん。

 下町情緒あふれる庄内銀座商店街のなかほど、豊南市場のはす向かいに店を構える銀座食堂。カウンター10席、4~5人がけのテーブル1卓のシンプルで温かな店内。なかに入ると笑顔の女性スタッフが出迎えてくれる。ランチメニューは3種。一番人気はトマトソース仕立てのふわふわハンバーグとエビフライの銀座ランチ(880円/おとうふ・スープ・ライス・プチデザート付)。ふわふわたまごのせのハヤシライスは、コトコト煮込んだ国産牛すじ入り(780円/おとうふ・スープ・サラダ・プチデザート付)。きまぐれランチは、スタッフが朝、市場で仕入れた食材で考えた日替わりメニュー(780円/おとうふ・スープ・ライス・プチデザート付)。お持ち帰り用に500円でボリューム満点な曜日替わりのお弁当も販売している。お弁当のメニューは店頭、またはホームページをチェック!!
 夜はバルタイム。豊南市場セット(780円)はお酒にとてもよく合うお得な5点盛。ビールにワインやカクテルとお酒も充実(380円~)。もちろんハンバーグやハヤシライスとフードメニューもあるので食事のみの方も◎。飲んで食べておしゃべりして、みんな、いつのまにか常連さんになっているみたい。

「ワークセンターとよなか」による店内ギャラリー。お店で使用しているお皿もここの作品。

人気のふんわり手ごねハンバーグ。

バルタイムで人気の豊南市場セット。銀座食堂の食材はすべて豊南市場のもの。

とよふるポイント

店長・山地翠さんの「女性がひとりでも入りやすい店に」という想い通り、ランチタイムは、豊南市場で働く方や買物帰りの主婦、ママ友グループでいつも満席。ボリューム満点のメインディッシュに負けないくらいたっぷり添えられた新鮮野菜とプチデザートに気遣いを感じる。

住所
豊中市庄内東町1-9-17
電話
06-4866-6741
営業時間
11:00~16:00・18:00~22:00(L.O 21:30)
定休日
日曜、祝日
備考
P無、禁煙(11:00~13:00)、バリアフリー、予約可、貸切(10名以上)
URL
http://ginza-shokudo.com/
バナー広告表示範囲