とよなか暮らしをもっと楽しみたい30~40歳代女性のための情報交流型ポータルサイト

こんなのみつけた。 とよなかカラフル
黄、キラキラ。 青、すらり。 紫、うっとり。 桃、きゅん。 緑、イキイキ。 赤、ドキドキ! 茶、ほっこり。 橙、ちゃきちゃき! 虹色、ぜんぶ!

まんなかタウンとよなか【民間学童保育サービス】

新4年生も安心。
共働き家庭、ひとり親家庭の子どもたちの
将来を見通した学童保育

 桜塚高校グランドの西北角向かい側近くにある、ごく普通の一軒家、そこが子どもたちの放課後の居場所。特定非営利活動法人あっとすくーるが運営する、この学童保育は、親子が安心して利用できるサービスがもりだくさん。①対象は、小学校1年生から6年生。②土曜日や長期休暇中は、8時から19時まで開所。しかも、当日15時までに連絡すれば、夕食の提供も。③将来の進路選択の幅を狭めないためには、小学生から自分で学ぶ力をつけることが必要という思いから、“学習支援”タイムは毎日。
 6人のスタッフは、子どもたちにとってお母さん世代の女性と、おにいちゃん、おねえちゃん的存在の若者たち。「子どもたちの安心・安全を守るだけでなく、一人ひとりが自分らしい将来観を育めるよう、生活から学習までの支援をしたい」というスタッフやボランティアの考え方は、日々のおやつづくりや部屋の掃除、遊び、学習タイムなどの関わりで実践されている。
 料金は、曜日を指定して通う「月極め利用」と、学校行事の代休や学級閉鎖、学校の学童が休みの土曜日などに利用できる「一時利用」があり、一人親家庭には減額制度も。詳しくは直接お問合せと見学を。

「自分にしかできないことがしたい」と自身も一人親で育った代表の竹田一成さん。

とよふるポイント

三々五々学校から帰ってくる子どもたちを「おかえり」と元気に迎える。多分、子どもたちはほっと一息。「今日学校でなぁ…」とまったりできるのは、信頼関係があればこそ。お誕生日会やお泊り会、屋外活動や地域交流などのイベントも盛りだくさんで、子どもたちの世界が広がっていく。ここならフルタイム勤務の一人親も、安心して仕事が続けられる。

住所
豊中市北桜塚3-2-23
電話
06-4981-6010
開所時間
14:00~19:00
(延長~21:00 土・長期休暇中は8:00~19:00)
日・祝
URL
http://www.atto-school.com/

NAIL SALON PARTY7 ネイルサロン パーティセブン【ネイルサロン】

抜群のセンスとていねいな施術
自爪にやさしいプライベートネイルサロン

 阪急豊中駅から蛍池方面に歩いて3分の駅近で、街のざわめきや他人の目を気にせずにすむ完全予約制のプライベートネイルサロン。「仕事で忙しい人も、子育てで忙しい人も、ここにいらっしゃった時くらいは、ゆったりとした時間を過ごしていただきたいから」と、オーナーであり、ネイリストの坂本まきさん。ネイル初心者も気後れしなくてすむ。カルジェル公認エデュケーターでJNECネイリスト検定1級の資格をもつ坂本さんも“とよフル”世代。だから、同年代の女性たちが元気になること、魅力的になることに人一倍熱心だ。
 指先がきれいだとテンションがあがる、前向きになれる。しかも、ネイルは自爪のケアにもなるという。爪が弱い、深爪・噛み爪など、爪で悩んでいる人にはうれしい。施術は、ソフトジェルの代名詞的な“カルジェル”で、一色塗り・フレンチネイル・グラデーションとも6300円~。基本的な施術は90分程度。豊富な知識・技術とホスピタリティで至福の時間を提供してもらえる。
 ここのもう一つの特徴は、少人数制&フリータイム制で、“カルジェル”の公式講習が受けられること。坂本さん自身も、アパレルデザイナーとして会社勤めをしながら、ネイリストとしての技術を学び、PARTY7を立ち上げられた。講習にはいくつかのコースがあるので、ホームページでチェックを。

カルジェル公式レッスンも開講中。

「自爪のケアやホームメンテナンス、自宅でのネイルオフの方法もお教えします」と坂本さん。

とよふるポイント

坂本さんに話をうかがい、作品を拝見して、「ネイルアート」という表現が身近になった。最新ファッションやコスメにインスパイアされてオリジナルカラーをつくることもあるという。”自分にごほうび”の日にはピッタリかも。最終受付は19 : 00なので会社帰りに通えるのもポイント高い!

住所
豊中市玉井町2-1-25 サンヒルズ豊中206
電話
090-7492-8493(完全予約制)
営業時間
10:00~21:00(最終受付19:00)
定休日
不定休
URL
http://ameblo.jp/party7toyonaka/

Atorium38 アトリウム38【ハチミツ】

ふわり。花の香りが広がる、
家で採れたハチミツを売るお店。

 岡町から商店街を抜け、国道176号線を東に越えた静かな住宅地。白いマンションの1階に可憐なたたずまいを見せる「Atorium38」(アトリウムは中庭、38はミツバチ)。店内に入ると、お行儀よく棚に並んだハチミツが陽光を受けて輝いている。
 店主、北原寛子さんのご両親が和歌山(5~6月)、北海道(6~8月)で採るハチミツは、蜜柑・はぜ(和歌山)、そば・あかしあ・百花(北海道)の5種類。お試しサイズ80gは全種類670円。種類によって180g1300円~1400円、250g1800円~1950円と若干価格が変わり、360g、500g、1kg、2kgと量が増えるほど割安になる。一番人気は蜜柑。爽やかな酸味とさっぱりした甘みで、トースト、ヨーグルト、ドレッシングと何にでもあう。個性派代表はそば。黒糖のように香ばしくビターな甘さは、癖のあるチーズとの相性も抜群。
 「ここのハチミツを知ったら、もうほかのは食べられない」と、遠方から買いにくるお客様も多いとか。お中元やお歳暮、お見舞いなどギフトとしても人気で、「健康にいい自然の恵みを贈る方が増えているのはうれしい」と北原さん。店内で、ハチミツを使ったジュースやスイーツもいただける。北原さんのハチミツ談義に耳を傾けながら、午後のひとときを過ごしたい。

ハチミツ全種類をテイスティングできる。
「好みの味を見つけて」と店主の北原さん。

とよふるポイント

両親の採った「家のハチミツ」を直接、お客様に販売したい。やるなら今しかない。そう決意して3年前にお店をオープンしたという北原さん。「家のハチミツ」を語る口調からは、両親への愛や感謝、商品へのゆるぎない自信が感じられ、楽しく、時を忘れる。「ハチミツってこんなにおいしかったんだ!」。そんなうれしい発見を、ぜひ、あなたも。

住所
豊中市中桜塚3-13-15 橘高マンション1F
電話
06-6841-9770
営業時間
13:00~18:00
定休日
不定休(事前に電話確認を)
備考
P無、カード不可
URL
http://atorium38.petit.cc/

とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ【公共】

迷ったり、困ったり、くじけたり、悩んだり。
そんな時は「すてっぷ」に。

 2000年に豊中市が設置。男女がともに“もっと自分らしく、主体性を持って生きる力をつける”ことをめざし、さまざまなテーマでシンポジウムやセミナー、ワークショップなどを実施している。パソコン教室やハングル講座、経理実務入門講座など、実務が身につく講座も多彩。地域で活動する個人やグループの活動を応援する事業も幅広く行っている。くわしい日程は「すてっぷ」HPまたは「広報とよなか」で。
 「なんとなく自信がない」「毎日がしんどい」「人間関係がうまくいかない」「つい子どもにあたってしまう」など、女性が生きていく上でぶつかる問題や悩みについて女性の専門家が相談に乗ってくれる「すてっぷ相談室」(秘密厳守・無料・要予約)、男女共同参画に関する書籍やビデオ・DVDが約21000点揃い、貸し出しや資料探しの相談にも乗ってくれる「すてっぷ情報ライブラリー」、会議や学習など多様な用途に使える「貸室&フリースペース」、コピー・印刷コーナーなど、さまざまな施設やサービスが充実。キッズスペースや授乳室、おむつ交換台(女性トイレはもちろん、男性トイレにも!)もあるので、ママ友の集まりや勉強会にもおすすめ。

「落ち込んでいる時におすすめの本は?」。そんな相談にも応じてもらえる「情報ライブラリー・情報相談サービス」。

就労支援情報コーナーでは、求人情報の検索も。

児童書コーナー。

とよふるポイント

豊中駅直結の便利な立地にありながら、知らない人もまだまだ多い「すてっぷ」。こんなに充実した設備や講座を利用しないなんて、もったいなさすぎる~! 「DV防止と女性の就労支援には特に力をいれている」と聞いたので、相談したい、資料や情報を探したいという人はぜひ。ママ友でグループを立ち上げる時の活動拠点にも。

住所
豊中市玉井町1丁目1番1-501号
電話
06-6844-9772(代)
運営
財団法人 とよなか男女共同参画推進財団
利用時間
9:00~21:30 ブースごとに異なる(HP参照)
休館日
水曜日、年末年始(12/29~1/3)
(ライブラリー、相談室はHP参照)
備考
P無(エトレ地下に駐車場有・30分200円)
URL
http://www.toyonaka-step.jp/
バナー広告表示範囲